治療・手術
Medical DX編集部 2020.7.22

オンライン診療の保険適用範囲とは?2020年診療報酬改定より解説

2018年3月に厚生労働省より「オンライン診療の適切な実施に関する指針」が発表されたことにより、同年4月から日本でのオンライン診療が本格的にスタートを切った。

しかしながら、通常の外来診療よりも保険点数が低いこと、算定要件が厳しいことなどもあって、普及の足かせとなっている部分があった。

そのことを踏まえ、2020年の診療報酬改定においてはこうした要件の見直しがはかられた。

これらを踏まえ、現時点でオンライン診療が行える治療について、解説をしていくことにする。

■オンライン診療を行う条件


「オンライン診療」を厚生労働省による「オンライン診療の適切な実施に関する指針」に照らし合わせて説明すれば、「遠隔医療のうち、医師-患者間において、情報通信機器を通して、患者の診察及び 診断を行い診断結果の伝達や処方等の診療行為を、リアルタイムにより行う行為」である。

さらに、オンライン診療を行う条件の概要は、

A)厚生労働省「オンライン診療の適切な実施に関する指針」に準拠していること。

B)オンライン診療はビデオ(テレビ電話)での診察を主とすること。

C)初診は対面診療(AGA、禁煙外来などを除く)で、医師はオンライン診療をする旨、患者の同意を得、診療実施計画書を作成する。さらに初診から3カ月以上経過し、直近3カ月の間、毎月オンライン診療を行う医師と毎月対面診療を行っていること。

D)医師は、患者の緊急時には、すみやかに受診できる医療機関において対面診療を行えること。

というものだ。

■オンライン診療の保険適用範囲


では、オンライン診療で保険適用できる疾患には、どのようなものがあるのか。

先述の要件を満たした条件でオンライン診療を行った場合、「オンライン診療料」が適用され、ほか「特定疾患療養管理料 (情報通信機器を用いた場合)」、各々の「医学管理料」、および「処方箋料」などが加算されるかたちとなる(訪問治療とオンライン診療による医学管理を行っている場合は「オンライン在宅医学管理料」が適用される)。

以下に、「オンライン診療料」が適用される主な疾患をまとめた。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要です。

印刷ページを表示
WRITTEN by

Medical DX編集部

医療テクノロジーの活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。
他カテゴリの記事を読む

DXによる医療・ヘルスケアの
変革を伝えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。