ニュース
Medical DX編集部 2021.3.5

サイバーエージェントがコロナワクチン接種についてのAI電話自動応対サービス提供

株式会社サイバーエージェントは、全国の自治体向けに、新型コロナワクチン接種に関する問い合わせや予約専用のAI電話自動応対サービス「コロナワクチンAI電話エージェント」の提供を開始した。

官公庁・自治体のDX推進支援を行う専門開発組織「GovTech開発センター」が、グループ会社の株式会社AI Shiftと共同で開発したもの。

接種が進むにつれて予想される相談や問い合わせへの対応として、各自治体ではコールセンターの設置やSNS、チャットボットなどを活用した窓口の開設が進められていますが、特に需要の高い電話応対の強化には、人員確保や教育期間が必要であり多くの時間やコストが掛かることが見込まれる。


「コロナワクチンAI電話エージェント」は、AI Shiftが提供する「AI Messenger Voicebot」を活用しており、新型コロナワクチン接種に関する電話での問い合わせに対して、AIによる音声対話形式での自動応対を実現。

サービスの導入により、24時間365日いつでも正確な情報を提供できるようになるほか、複数回線の同時接続によって待ち時間なく電話接続が可能となるため、コールセンターの増席と比べてコストを抑えながら、利便性および満足度の高い住民サービスの構築が可能となるという。

「コロナワクチンAI電話エージェント」では、新型コロナワクチンに対する問い合わせ応対だけではなく、各自治体が用意する予約システムと連携することで予約対応を行うことができる。

予約応対には、前の文脈を考慮した対話を通して目的の達成が可能である「タスク指向対話」を用いており、希望日時に空きがない場合は代案日時の案内を行うなど、より人間に近しい柔軟な電話応対を実現します。また、住民へのSMSや自動架電の機能を活用した予約日時のリマインドも可能となるという。


プレスリリース
WRITTEN by

Medical DX編集部

医療テクノロジーの活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。