診断
Medical DX編集部 2020.12.24

コロナ禍の診療を聴診器が変える!?〜デジタル聴診デバイスの最前線

CONTENTS
  1. 聴診器に訪れた最大の技術革新
  2. コロナ禍の要望〜聴診器の技術革新からオンライン診療へ

聴診器に訪れた最大の技術革新


1816年、フランスの医師ルネ・ラエンネックによって発明されてから約200年、いまでも患者の診察に欠かせない聴診器。その聴診器にもデジタルの波が訪れている。

聴診器といえば、チェストピース(患者の皮膚にあてる部分)から2本のゴム管が出て、イヤーピース(診察する側の耳に入れる箇所)につながる形のものがポピュラーだ。

昨年、イヤーピースとゴム管の代わりに黒いボックス状のユニットをつけ、チェストピースから聴診した音をデジタル化する、後付型デジタル聴診デバイスが開発、販売されて話題となっている。

それが医療ベンチャー・シェアメディカルから発売されている「ネクステート」だ。Bluetoothを使ってワイヤレス通信をすることができ、スピーカーやヘッドホンなどに送信して聴診した音を聞けるというもの。
シェアメディカル社のネクステート

現場の医療関係者たちの意見をもとに、Bluetoothであっても生体音を普段の聴診器と同様に聴き取れるようにプリセットの調整を行ったり、使いやすいようなUI設計が施されているという。

このデバイスによるメリットは多数ある。聴診音がデジタルデータとして保存・共有が可能となること。また、イヤーピースではなく、市販のヘッドフォンやスピーカーを使用できること。そして、Bluetoothによって、離れた場所にもデータを転送して音が確認できること。とくにこの利点は、現在さらなる注目を集めている。

コロナ禍の要望〜聴診器の技術革新からオンライン診療へ


その理由は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行だ。その流れの中で、オンライン診療は恒久化の検討が進んでいるが、テレビ電話を使用するため、所見を取るには難しい部分があるとされ、普及を阻む要因のひとつとも言われている。

そこで、「ネクステート」には、新型コロナの疑いのある患者が訪れる発熱外来や、オンライン診療の際に、医師が診察室にいながら遠距離で聴診を行いたいという要望が多く寄せられたという。

これまでは、ビデオ会議システムなどの多くで、通信の際に聴診音をノイズとしてとらえて、カットしてしまうという技術的な問題があった。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要です。

WRITTEN by

Medical DX編集部

医療テクノロジーの活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。