ニュース
Medical DX編集部 2020.10.2

ポケットドクターを運営するオプティムのオンラインイベントが10月26日、27日に開催

オンライン診療システム「ポケットドクター」の運営などを行う株式会社オプティムが、オンラインイベント「OPTiM INNOVATION 2020」を2020年10月26日(月)~27日(火)に開催する。参加費は無料で、ウェビナーについては事前予約が必要となる。

イベントは、すぐにビジネス活用できるAIIoTソリューションや、AI・IoTの最新活用事例などを紹介する2日間のオンラインイベント。昨年はオフラインイベントとして、オプティムと協力企業による展示、ハンズオン、セミナーなどを実施していた。

今年は、新型コロナウイルスの影響により冷え込んでいるさまざまな分野の経済活動を活性化させるべく、完全オンラインで開催される予定だ。

医療分野のウェビナー一覧


医療分野で予定されているウェビナーは次のとおり。各ウェビナーの視聴には、事前にイベント特設サイト上の「予約する」ボタンから、Zoomへの会員登録が必須となる。

10月27日(火)14:30〜15:10
■医療DXにAI・IoTプラットフォームが必要とされる理由 〜国産初、手術支援ロボットシステム『hinotori™サージカルロボットシステム』を支えるプラットフォームはこうして作られた〜
株式会社オプティムディレクター・山本 大祐
株式会社オプティムゼネラルマネージャー・松本 弘明

10月27日(火)15:30〜16:10
■Withコロナ時代のオンライン医療プラットフォーム​
エヌ・デーソフトウェア株式会社 医療ヘルスケア事業部 係長・星 隆之氏
株式会社オプティム サブマネージャー・瀬戸 順二

各ウェビナー申し込みはこちら(イベント特設サイトへ)

セミナーでは、製造販売承認を取得した国産初の手術支援ロボットシステム「hinotori」を支えるプラットフォームについてや、コロナ以降における「オンライン診療プラットフォーム」の活用法を紹介する。

イベント詳細


「OPTiM INNOVATION 2020」
開催日時:2020年10月26日~27日
開催時間:13時〜18時10分(予定)
公式URL:https://www.optim.co.jp/innovation2020/

ハイライトセッション

テレワークや三密対策、遠隔作業支援といった、新しい時代の経済活動に貢献できる汎用的なソリューションや、建設・農業・医療・教育などの各分野で活用されているAI・IoTの最新事例ならびにオプティムが推進するデジタルトランスフォーメーション施策のハイライトを、トークディスカッションや現地リポートの形式でお届け。

1日目は、「テレワーク」「三密対策」「遠隔作業支援」といった、新たなニーズや社会課題に対するソリューション、
2日目は、各分野で活用されているAI・IoTの最新事例やDX施策を予定している。

ウェビナー

ハイライトセッションで紹介したオプティムのソリューションやプロダクトの詳細な情報を、オプティムやオプティムの各パートナーの方々からウェビナーで紹介する。リアルタイムでの相談受付や、ウェビナー視聴後の商談予約も可能。いずれも公式ウェブサイトからの予約が必要となる。

「OPTiM INNOVATION 2020」Webサイト
https://www.optim.co.jp/innovation2020/

エンジニア向けMeetupイベント「OPTiM TECH NIGHT」

10月26日(月)に、エンジニア向けMeetupイベント「OPTiM TECH NIGHT」をウェビナーで開催する。「OPTiM INNOVATION 2020」でフォーカスするソリューション・プロダクトの開発を担当しているエンジニア陣より、AIを実用化するための技術・取り組み・成功事例・苦労話などをLT(Litening Talk)形式でお届け。

「OPTiM TECH NIGHT」への申し込みは下記受付URLから。
https://optim.connpass.com/event/190315/
印刷ページを表示
WRITTEN by

Medical DX編集部

医療テクノロジーの活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。
他カテゴリの記事を読む

DXによる医療・ヘルスケアの
変革を伝えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。