ニュース
Medical DX編集部 2022.4.28

新たな服薬サービスの拡張とともに注目を集める「薬の飲み忘れ防止アプリ」

オンライン服薬指導が浸透し始め、この4月から調剤報酬改定、リフィル処方箋の導入などによって、服薬に関するサービスの動向に関心が高まっている。

そんななかで、注目を集めているのが「飲み忘れ防止アプリ」の存在だ。平成29年度の医療課委託調査(薬局の機能に係る実態調査)によれば、定期的に受診し処方されている薬がある患者のうち、約40%が過去1年間に残薬の発生を経験している、というデータがある。

こうした薬の飲み忘れを、適切な服薬指導をほどこしたうえで、日常的に使用するスマートフォンのアプリで防止しようというのが、「飲み忘れ防止アプリ」の存在だ。

本稿ではその「飲み忘れ防止アプリ」のなかから、代表的なものを紹介していこう。

■使いやすさ No.1に選ばれた「お薬ノート」


まず、昨年に日本トレンドリサーチが行った健康管理アプリにおけるアンケート調査で「薬歴・服薬管理アプリ使いやすさ No.1」に選ばれたのが、株式会社カラダノートによる「お薬ノート」だ。

「家族の健康を支え笑顔をふやす」をコーポレートビジョンにするカラダノートは、「血圧ノート」「授乳ノート」「通院ノート」など、さまざまなヘルスケアアプリを展開している。

そのなかで「お薬ノート」は薬の飲み忘れ防止に特化したアプリである。まず薬の名前を登録する。名前の一部を入力すると薬の候補がサジェストされ、また写真を撮って登録することで、画像の確認もできる。また、薬だけではなくサプリメントの登録も可能だ。

さらに朝、昼、晩、食間や就寝前など服薬時刻を登録すればリマインダーが働く。服用したあとでチェックをすることで、飲み忘れの防止につながる。

複数人の管理や、服用期間の登録もできるなど、使い勝手がよい「飲み忘れ防止アプリ」と言えるだろう。

■高齢者、女性に特化した飲み忘れ防止サービス


さらには製品やWeb上のサービスと連携したアプリも存在する。

たとえば高齢者の服薬と生活の見守りに特化したツールに、株式会社テクノスジャパンの「くすりコール・ライト」がある。

カレンダータイプのポケットに薬をセットし、セットしておいた服薬時間になるとランプとメロディで通知されるシステムだ。



これに有償オプションの「服薬みまもりサービス」(月額¥330)に加入すれば、専用アプリで服薬状況を確認でき、家族や介護者に飲み忘れがメールで通知されるようになっている。

製品とアプリによって、高齢者の服薬を見守ることができるタイプの服薬支援ツールである。

また、女性のための飲み忘れ防止サービスとしては、「ルナルナ」(株式会社エムティーアイ)が代表的な存在だ。

ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービスとして20年以上の歴史を持つ「ルナルナ」。2019年から「ピル(OC/LEP)モード」を開始し、アプリにも症状の月経困難症の軽減・改善などのために低用量ピルを服薬する際に、適正な服薬継続ができるようサポートする機能が搭載されている。


「ルナルナ」は基本は無料で利用可能だが、月額料金制のベーシックコース(月額180円)、ファミリーコース(同300円)、プレミアムコースが(同370円/いずれも税抜)がある。
 

■「お薬手帳」アプリのアラーム機能


そして、お薬手帳アプリにも「飲み忘れ防止」のアラームが搭載されているものが多い。数々のアプリが広く活用されているが、そのなかから代表的なものをひとつ挙げよう。

2014年に日本調剤株式会社が自社開発した電子お薬手帳「お薬手帳プラス」は、100万人を超える登録会員を持つアプリだ。

「処方せん送信機能」などお薬手帳の機能だけではなく、日々のヘルスデータを数値・グラフで記録できる「健康記録機能」など、健康をサポートする機能も充実している。

その機能のひとつとして、病院や薬局の通院記録の登録や、薬の服用時間を登録してアラーム通知ができる「カレンダー 飲み忘れチェック記録機能」がある。「お薬手帳一覧」から処方情報を探し、飲み忘れ防止アラームを設定し、服用タイミングも細かく編集できる。


プレスリリースより

これ以外にも多数のアプリ・サービスがあるので、ご興味のある方は検索して、自分に合ったアプリを探してみてはいかがだろうか。

先にも述べたとおり、服薬に関するサービスもオンライン化が進むことにより、こうしたアプリやサービスも、より生活者にとって便利なものが増えていくだろう。今後のさらなる開発に期待がかかるところだ。


お薬ノート(カラダノート)
https://corp.karadanote.jp/archives/application/%e3%81%8a%e8%96%ac%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88
「くすりコール・ライト」(株式会社テクノスジャパン)
http://technosjapan.jp/product/quality/2022/0406161324.html
「ルナルナ」(株式会社エムティーアイ)
https://sp.lnln.jp/brand/services/lnln_services
「お薬手帳プラス」(日本調剤株式会社)
https://portal.okusuriplus.com/
印刷ページを表示
WRITTEN by

Medical DX編集部

医療テクノロジーの活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。
他カテゴリの記事を読む

DXによる医療・ヘルスケアの
変革を伝えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。