ニュース
Medical DX編集部 2021.12.21

政府公式の新型コロナワクチン接種証明書アプリが公開!

■マイナンバーカードが必須! また不具合の報告も


日本での新型コロナウイルスの感染状況は、12月20日段階では落ち着いている。だが、世界的にはオミクロン株が広がって感染者が増加しており、日本でも徐々にオミクロン株の陽性者が増える傾向にある。そうした状況を考えると、「with コロナ」を実現する対策は必須といえるだろう。

そこで期待されているのが、20日に公開された日本政府公式のワクチン接種証明書アプリだ。新型コロナウイルスのワクチン接種をスマートフォンで証明できるもので、このアプリを使えば、国内用と海外用の接種証明書を取得可能、スマホの画面上に2次元コードで表示される。

このアプリはデジタル庁が開発したもので、利用にはマイナンバーカードが必須となっている。マイナンバーカードをスマホにかざし、本人確認をする仕様となっており、その際、カードのパスワードが必要で、三回間違えるとロックされるため注意が必要だ。また、海外用を発行するためにはパスポートも必要になる。

iPhone版、Android版のいずれものアプリが公開されており、デジタル庁のWebページからQRコード経由でApp Store、Google Play Storeにアクセスできる。アプリのセットアップ方法は下記のとおりだ。

【アプリのセットアップ方法】
1. アプリをダウンロードする(Android版/iOS版)
2. アプリを起動する
3. アプリの紹介の5ページ目にある利用規約をよく読み、「同意する」にチェックを入れてから「次へ進む」をタップする
4. トップ画面が表示されたら「接種証明書を発行する」をタップする
5. 必要な接種証明書のスイッチを入れて「次へ進む」をタップする
6. マイナンバーカードの「券面事項入力補助用パスワード」(4桁)を入力して「次へ」をタップする
7. 注意事項をよく読んで「OK」をタップする
8. スマホにマイナンバーカードを当てて読み取る
9. 氏名、生年月日、性別、住所が正しいことを確認して「次へ進む」をタップする
10. パスポートの読み取りに関する注意を読んで「次へ進む」をタップする(海外用の場合)
11. パスポートの本人情報ページをカメラで撮影する(海外用の場合)
12. 氏名(ローマ字)、旅券番号、生年月日(米国様式)、国籍・地域が正しく読み取れていることを確認して「次へ進む」をタップする(海外用の場合)
13. 接種情報を取得する市区町村が正しく選択されていることを確認して「ワクチン接種記録を検索」をタップする
14. 表示された接種記録が正しいことを確認して「発行する」をタップする
15. 証明書の発行が終わるとトップ画面に戻り、希望した証明書の概要が表示される

ただ、懸念されていたとおり、すでにいくつか不具合の報告もあがっている。

たとえば、接種証明はデジタル庁が運用する「ワクチン接種記録システム(VRS)」のデータに基づいているが、VRSには一定数の誤りが含まれており、それらの修正対応に各自治体が当たっているが、間に合っていないものがあるという。

また、マイナンバーカードに旧姓併記がある、パスポートに旧姓・別姓・別名併記がある、パスポートとマイナンバーカードの氏名表記が異なるという人も、現段階ではアプリで接種証明書を発行できない(デジタル庁では近日中に対応予定としている)。

これまでも東京都や民間が提供するワクチン接種証明アプリは存在していたが、登録者も協賛店もさほど広がらなかったのが実情だ。認知度の問題や、どの店や場面で使用できるのかがよくわからないといった使い勝手の問題などがその理由だろう。そうした問題を、政府公式のワクチン接種証明書アプリはクリアできる可能性をもっているだけに、早急な不具合の解決に期待したい。
印刷ページを表示
WRITTEN by

Medical DX編集部

医療テクノロジーの活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。
他カテゴリの記事を読む

DXによる医療・ヘルスケアの
変革を伝えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。