ニュース
加藤 泰朗 2021.9.27

「マブ」「ニブ」「ミブ」とはどんな薬?分子標的治療薬を知る

■マブ、ニブ、ミブは、がんの薬だけではない


これまで一度は語尾に「マブ」「ニブ」「ミブ」がつく薬の名前を耳にしたことがないだろうか。たとえば、「トラスツズマブ」「イマチニブ」「ボルテゾミブ」などだ。

マブやニブ、ミブを語尾にもつ薬は、がん治療薬に多い。先にあげたトラスツズマブは転移性乳がん、イマチニブは慢性骨髄性白血病、ボルテゾミブは多発性骨髄腫の治療に用いられる薬である。

しかし、これらの語尾がつく薬=「がん治療薬」というわけではない。たとえば、「ゴリムマブ」は関節リウマチの治療に用いられるし、「オマリズマブ」は喘息治療薬だ。グラクソ・スミスクライン社が2021年9月6日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として厚生労働省に製造販売の承認を申請したと発表した「ソトロビマブ」の語尾にもマブがつく。

いったい「マブ」「ニブ」「ミブ」とは、どういう薬なのだろうか? その答えは、医薬品の「一般名(nonproprietary name)」に組み込まれた「ステム(stem)」と呼ばれる基語にある。

■医薬品には2つの名前がある


ステムについて解説する前に、医薬品の名前について、基本を整理しておこう。

医薬品は、一般名と商品名(trade name)の2つの名前をもっている。

商品名とは、簡単にいえば、医薬品の製造販売会社が商標登録した名前のこと。たとえば、鎮痛剤の「ロキソニン」がそれだ。一方、一般名は医療の現場で使われる名前だ。日本で用いられる一般名は、正式には「日本医薬品一般名称(Japanese Accepted Names for Pharmaceuticals:JAN)」と呼ばれる。先にあげたトラスツズマブやイマチニブなどは、JANである。

JANは原則、世界保健機構(WHO)の国際医薬品一般名専門家協議が命名した「国際一般名称(International Nonproprietary Name:INN)」を、字訳基準にもとづいて日本語訳したものである。

字訳基準とは、アルファベット文字に、日本語の読み方をあてた基準のこと。日本の医薬品についての基準は、2006年3月に厚生労働省医薬食品局審査管理課長通知に定められており、たとえばアルファベットの「b」単独ならば「ブ」、「b+a」ならば「バ」と訳す。思わず舌を噛みそうなJANのトラスツズマブという名前は、INNの「trastuzumab」を訳したものだ✳︎。

✳︎ただし、すべてのJANがINNの字訳と一致するわけではない。これは、INNとJANでは医薬品の命名される対象が異なるためで(INNは医薬品の活性本体、JANは医薬品の原体)、たとえば、ロキソニンのINNは「Loxoprofen」だが、JANは「ロキソプロフェンナトリウム水和物」である。

■ステム「マブ」「ニブ」「ミブ」の意味


ステムに話を戻そう。

ステムとは、薬理学的・化学構造的に類似した薬物群に共通してつけられる語幹のことをいう。医薬品の一般名に使用できるステムは、WHOの『INN Stem Book』に記載されている。そう、「マブ」「ニブ」「ミブ」は、この『INN Stem Book』に登録されているステムなのである。

マブはアルファベットで「-mab」と綴り、その薬が「モノクローナル抗体薬」であることを意味するステムである。同様に、ニブは「-anib」と綴れば「血管新生阻害薬」、「-tinib」ならば「チロシンキナーゼ阻害薬」を意味する。ミブ(-mib)は「プロテアソーム阻害薬」であることを指すステムだ。

モノクローナル抗体薬、血管新生阻害薬、チロシンキナーゼ阻害薬、プロテアソーム阻害薬。むずかしい名前をもつこれらすべては、「分子標的治療薬」と呼ばれる薬である。

■分子標的治療薬とは?


分子標的治療薬とは、細胞のある特定の機能をもつ分子(標的分子という)に対して、特異的に作用するように設計された薬である。薬物の構造や分子量から、「抗体薬」と「小分子薬(低分子阻害薬)」に分けられる。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要です。

印刷ページを表示
WRITTEN by

加藤 泰朗

1973年生まれ。人文系・建築系・医学看護系の専門出版社を経て、独立。
フリーランスとして、編集・ライティングを行う。
難しいことを楽しく、わかりやすく伝えることを大切にしています。
他カテゴリの記事を読む

DXによる医療・ヘルスケアの
変革を伝えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。