創薬
加藤 泰朗 2020.10.26

オンライン服薬指導の先に〜群雄割拠のアメリカ処方薬配送ビジネス

存在感を強めるAmazon Pharmacy


3,000億ドルともいわれるアメリカの薬局市場。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、全国的にデジタルヘルスおよび処方薬配送サービスが急増している。そのなかでも存在感を強めているのがAmazon(アマゾン)だ。

Amazonは2018年、オンライン薬局のスタートアップ、PillPackを買収し、処方薬配送ビジネスに参入した。医師から受け取った処方箋をもとに、患者が服薬する複数の処方薬を服用日・服用時間帯ごとに一包化し宅配するサービスを提供する。2019年にはブランド名を「PillPack by Amazon Pharmacy」に変更、2020年7月からはプライム会員以外にも無料配送を実施するなどして、ビジネスを拡大している。2020年9月初めには、米連邦航空局(FAA)からドローンを使った商業配達試験を行う認可を取得。ドローン配送の実現に一歩前進した。

Amazonの動きはアメリカ国内にとどまらない。2020年8月に、インド南部ベンガルール全域で、オンラインによる医薬品販売のサービスを開始した。市販薬と処方薬のほか、基本的な医療機器などを販売するという。

大手ドラッグストアチェーンなど、既存勢力の対抗


Amazonの動きに、他の企業も手をこまねいているわけではない。

CNBCは、2020年9月、アメリカ最大の健康保険会社であるUnited Health Groupが、PillPackと競合するスタートアップ、Divvy Doseを買収したと報じた。

小売り大手Walmartは2020年6月15日、オンライン薬局Care Zoneの処方箋管理技術に関連する特許権を取得したと発表した。

大手ドラッグストアチェーンのCVS Pharmacyは、2019年4月より処方薬を1時間以内に配達するサービスを開始。また次世代の配送手段として、2019年秋には大手宅配会社UPSと提携してドローンによる処方薬配送実験を、2020年6月には自動運転開発を手がけるNuroと提携して、自動運転車による処方薬配送実験を行った。

同じく大手ドラッグストアチェーンのWalgreensも、物流大手FedExと協業で処方薬の翌日宅配サービスを実施しており、2019年にはAlphabetグループのWing、FedExと共同でドローンによる配送実験を行っている。


スタートアップも続々と参入


Uberは2020年8月20日に、患者配送サービス「Uber Health」の事業内容を拡大し、処方薬配送サービスを開始した。オンデマンドの処方箋配達サービスを手がけるスタートアップ、NimbleRxとの共同事業で、Uberの直接配達サービス「Uber Direct」を活用している。

新型コロナウイルス感染症の影響が収まらないアメリカでは、薬局で処方箋を受け取ることが難しい、あるいはそもそも薬局に行けない人は、少なくない。Uberの新しいサービスは、こうした人びとの需要に応えるものである。シアトルとダラスの2都市でサービスを開始し、今後はアメリカ国内のほかの都市にも広げていく方針だ。

Uber以外にも、アプリを使って処方薬の当日無料配送サービスを提供するデジタル薬局Medlyや、AIやスマートロジスティクスを活用するオンデマンド薬局NowRxなど、さまざまなスタートアップが、処方薬配送ビジネスに参入している。

日本の処方薬配送サービスにも新しい動き


アメリカのような勢いはないものの、日本でも新しい取り組みが行われている。

2020年7月18・19日、アインホールディングスは、経済産業省や旭川医科大学、ANAホールディングスらの協力のもと、北海道旭川市でドローンによる処方薬配送実験を行った。今回の配送実験は、オンライン診療オンライン服薬指導と連動した国内初の試みである。医療過疎地に住む患者への、医療確保の手段として期待される。

7月21日には、アルフレッサとヤマトロジスティクスが、医療用医薬品、一般用医薬品、医療機器、医療材料、診断薬などの「ヘルスケア商品」の共同配送スキームの構築に向けた業務提携契約を締結したと発表した。

今後、オンライン診療・オンライン服薬指導が普及することで、処方薬剤配送サービスの拡大が予想される。


写真:QualityHD / Shutterstock.com

「国内初、オンライン診療・オンライン服薬指導と連動したドローンによる処方箋医薬品配送の実証実験」
https://www.ainj.co.jp/Portals/0/ir/news/20200710_newsrelease.pdf?TabModule480=0
「アルフレッサとヤマトロジスティクス、「ヘルスケア商品」の共同配送スキームの構築に向けた業務提携契約を締結」
https://www.yamato-hd.co.jp/news/2020/20200721.html
印刷ページを表示
WRITTEN by

加藤 泰朗

1973年生まれ。人文系・建築系・医学看護系の専門出版社を経て、独立。
フリーランスとして、編集・ライティングを行う。
難しいことを楽しく、わかりやすく伝えることを大切にしています。
他カテゴリの記事を読む

DXによる医療・ヘルスケアの
変革を伝えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。