創薬
加藤 泰朗 2020.9.17

改正薬機法でオンライン服薬指導がスタート!続々登場する対応システムを紹介

改正薬機法施行で、拡大する薬局・薬剤師の業務


2020年9月1日、改正「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(改正薬機法)の一部が施行された。

今回の法改正のうち、薬局・薬剤師のあり方に関わる点はいくつかある。

薬剤師・薬局のあり方に関わる主な見直し
・地域連携薬局・専門医療機関連携薬局の認定制度の導入
オンライン服薬指導の導入
・服薬フォローアップの義務化

このうち、9月1日に施行されたのは、「オンライン服薬指導の導入」と「服薬フォローアップの義務化」だ。

オンライン服薬指導については、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、すでに4月10日よりすべての薬局で導入が認められている。薬剤師が患者、服薬状況などに関する情報を得て、電話や情報通信機器で服薬指導を適切に行えると判断した場合、オンラインでの指導が認められるというものだ(0410対応)。

ただし、これは時限的・特例的な対応で、テレビ電話などの「映像による」という要件はない。映像と音声を用いた恒久的な対応として認められるのは、今回の改正法施行からである。

服薬フォローアップとは、服薬期間中の薬剤の使用状況、一般用薬品を含む併用薬の有無、患者の状態や生活環境などを把握して、患者が安心かつ最適な薬物療法を受けられるように支援することである。

服薬フォローアップは、これまでも薬剤師の基本業務として認識はされており、電話などを使って実施している薬局も少なくないが、どの患者をフォローするかは現場の薬剤師に一任されてきた。今回の法改正で義務化されることで、業務としてより多くの患者のフォローアップが必要となる。


薬局・薬剤師の業務を効率化する注目のシステム/アプリ


今回の改正には、「住み慣れた地域で患者が安心して医薬品を使うことができるようにする」という目的がある。一方で、薬局・薬剤師にとっては新たな業務が加わり負担が増えるという側面がある。限られた時間内で効果的かつ適切に実施するためには、業務の効率化が避けては通れない。

こうした状況を背景に、薬局・薬剤師に向けて、各社がデジタル技術を活用したさまざまなサポートシステム/アプリを発表している。

オンライン服薬指導のためのシステム「Pharms」


メドレー社は9月3日、調剤薬局窓口支援システム「Pharms」の提供を開始した。患者が同社のオンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」を介して「Pharms」導入薬局(全国約1,800店舗。事前申込み数、9月3日公表)と連携することで、オンライン服薬指導、処方箋のネット受付、キャッシュレス決済などのサービスを利用することが可能になる。

オンライン診療を受診した患者がオンラインでの服薬指導を希望した場合、医師は処方箋情報をオンライン診療システムからアップロードする。患者は、「CLINICS」を使ってオンライン服薬指導を希望する薬局を検索し、予約する。予約を受けた薬局は、医師がアップロードした処方箋情報などを確認し、事前準備をしたうえで予約日時にオンライン服薬指導を実施する。服薬指導後、「CLINICS」でキャッシュレス決済が行われ、薬剤が配送されるという流れだ。

電子版お薬手帳アプリと連携する「curonお薬サポート」


株式会社MICIN(マイシン)が提供する薬局向け服薬指導用サービス「curon(クロン)お薬サポート」は8月25日に正式版がリリースされた。決済・配送・ビデオ通話・予約機能を搭載し、オンライン診療サービス「curon」とも連携。

加えて、電子カルテサービスなどを展開するPHC株式会社の電子版お薬手帳アプリ「ヘルスケア手帳」とも連携。患者がヘルスケア手帳スマートフォンアプリを利用して、処方せんを薬局に送信できるだけでなく、オンラインによる処方薬のクレジットカード決済や薬局から自宅までの配送サービスを受けることが可能となる。

服薬フォローアップ用システム「Medixs 投薬フォロー」


アクシス社は8月18日、同社のクラウド型電子薬歴システム「MEDIXS」に新機能「Medixs 投薬フォロー」を追加したことを発表した。これにより、ショートメッセージ(SMS)やEメール、LINEなどを活用した服薬フォローアップが可能になった。

Eメール、ショートメッセージ(SMS)などを使って、患者をフォローアップのために必要な情報を収集する専用サイトに誘導し、患者が専用サイト内の質問事項に回答して返信するだけでフォローアップのやりとりを終えることができる。
質問項目はテンプレート化されているため、質問項目を作成する時間を大幅に短縮することが可能だ。フォロー管理画面では投薬後のフォローが必要な患者を簡単に検索でき、スケジュール管理機能を使って送信時間をセットすれば、メッセージの送り忘れの心配もない。

同社は、9月1日にクラウドサービスのビデオ通話機能を利用した服薬指導が可能なスマートフォン用アプリ「Medixs リモート調剤薬局」を公開した。先の「MEDIXS」と連携させることで、薬歴を確認しながらスマートフォンのビデオ通信を使ってオンライン服薬指導ができるほか、オンライン服薬指導の申込みや予約を一元管理したり、オンライン決済することが可能だ。

現状は大差のないシステム/アプリの機能


ここで紹介したもの以外にも、メドピア社のアプリ「kakari」や、グッドサイクルシステム社の「Followcare」、メディエイド社の「薬局パレット」など、1つのアプリでオンライン服薬指導と服薬フォローアップの両方に対応した機能を備えたシステム/アプリが続々と公開されている。

改正法が施行されてまもないこともあり、細かい仕様には違いがあるが、現状では各システム/アプリでできることに大きな差はない。制度の運用が進むにつれて、さまざまな課題が発見され、さらなる効率的・効果的なアプリの開発が進むことになるだろう。今後もシステム/アプリの動向に注目したい。


「薬剤使用期間中の患者フォローアップの手引き」
https://www.nichiyaku.or.jp/assets/uploads/pharmacy-info/followup_1.0.pdf
電子薬歴サービス「MEDIXS」
https://medixs.jp
「Medixs リモート調剤薬局」
https://mediaxis.jp/wp-content/uploads/2020/08/200901.pdf
調剤薬局窓口支援システム「Pharms」
https://pharms-cloud.com
薬局専用・オンライン服薬指導サービス「curonお薬サポート」
https://curon.co/pharmacy
印刷ページを表示
WRITTEN by

加藤 泰朗

1973年生まれ。人文系・建築系・医学看護系の専門出版社を経て、独立。
フリーランスとして、編集・ライティングを行う。
難しいことを楽しく、わかりやすく伝えることを大切にしています。
他カテゴリの記事を読む

DXによる医療・ヘルスケアの
変革を伝えるメディア

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。