用語辞典

第4次産業革命(だいよじさんぎょうかくめい)

AI、IoT、自動運転車、XRなどのさまざまな分野におけるデジタルを利用した技術革新によって起こる産業の変革のこと。

ディープラーニング(でぃーぷらーにんぐ)

AI・機械学習の一種。人間が特徴量を定義しなくても、自律的にデータを学習して判別できるもので、画像、動画、音声といった非テキストベースのデータを高い精度で解析できる。複雑な分布を持つデータの解析が可能で、画像診断支援などの用途に応用されている。

DTx(でじたるせらぴゅーてぃくす)

デジタル治療とも。疾病の予防や診断、治療などの医療行為を支援、実施するデジタル技術を用いたソフトウエア。医学的なエビデンスがあり、当局による認証や承認を得たものとされ、治療用アプリもその一種。「日本デジタルセラピューティクス推進研究会」が発足し、国内でも開発が進められている。

デジタル治療(でじたるちりょう)

DTx(デジタルセラピューティクス)とも。疾病の予防や診断、治療などの医療行為を支援、実施するデジタル技術を用いたソフトウエア。医学的なエビデンスがあり、当局による認証や承認を得たものとされ、治療用アプリもその一種。「日本デジタルセラピューティクス推進研究会」が発足し、国内でも開発が進められている。

DX(でじたるとらんすふぉーめーしょん)

もともとは「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念。ビジネスでは、企業が環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、ビジネスモデルや業務、組織、プロセスなどを変革することとされ、医療や病院経営にも応用されようとしている。

会員登録

会員登録していただくと、最新記事を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。